土壌・地下水汚染調査事業

住宅地図・地形図及び謄本等から土地の履歴を調べ、土壌汚染の可能性についてチェックします。
また、土壌採取・分析することで汚染項目(直接採取のリスクがある第二種特定有害物質)による土壌環境状態を確認します。

対象
土壌汚染・地下水汚染が気になる
土地の開発を計画している
不動産の証券化を検討中
土地を売却、購入したい
土壌・地下水汚染調査の流れ
STEP1 対象地資料等調査

資料等調査(聞取り調査)
登記簿謄本を調査し、土地の利用者の履歴を調査します。
(対象地の登記簿から、土地の所有者、建物の所有者及び種類から工場用途の履歴を推測)

未登記のものや登記上用途の判別が困難な場合もあるので住宅地図や古地図を調査します。(土地利用の用途を推測)

関係法令を調査します。(土壌汚染対策法、水質汚濁防止法、条例他、対象地に関する法令等を調査)

以上の調査により対象地の評価(報告書の作成)を行います。

STEP2 対象地概況調査

調査の計画・提案
概況調査では、土壌汚染の有無を把握する目的で実施されるため、可能な限り簡易かつ低コストで汚染の存在が的確に把握できるようにする必要があります。資料等調査により土壌汚染の可能性を考慮し、調査位置を選定します。

調査の実施
重金属等に関する調査(土壌分析 1検体/900u 5地点混合採取)
対象地の土壌を採取して、その土壌について公定法分析を実施し、土壌汚染の有無を評価します。
当社では簡易ボーリング(SCSC)、自走式マシン(エコ・プローブ)、ハンドオーガ(手堀)で土壌を採取します。
揮発性有機化合物に関する調査(表層ガス調査 30m×30m格子で1地点)対象地の土壌ガスを採取して、計量証明業者に委託し、現地分析または室内分析を実施し、土壌汚染の有無を評価します。(汚染のおそれが少ない場合の採取地点数)

STEP3 対象地詳細調査

調査の計画・提案
概況調査の結果をもとに、詳細調査の計画を立案します。

詳細調査の実施
ボーリング調査
概況調査の結果によりボーリング調査を実施します。
場合によっては、ボーリング調査に先立ち、汚染の状況を絞り込むこともあります。
SCSCまたはエコ・プローブを使用し、1mごとに土壌を採取します。
ソイルパックを使用し、不覚乱に近いオールコアの採取を行います。
これを所定深度まで繰り返して行います。
試料は所定の深度ごとに採取し、土壌分析を行います。
分析結果から汚染の範囲・深度等を評価します。
モニタリング(地下水観測用井戸)
土壌汚染が明らかになった際、地下水の有無やその流れによっては、汚染物質が拡大する可能性があります。
汚染が拡大すると、浄化する範囲が広がるばかりか、隣地へ汚染物質が流れることで大きな問題となります。
目的に応じた分析を実施し、地下水汚染の評価をします。

加工例

位置出し測量
当社施工によるトランシット測量で、概況調査にともなう調査ポイントの、正確な位置だしを行います。

被覆部除去
アスファルト、コンクリート等の被覆をコアカッターで除去します。

SCSC調査法
機械式簡易ボーリングを用いた地質サンプリング技術を中核とする地質汚染調査法です。概況調査では表層50pの土壌を採取します。詳細調査では、ケーシングで孔壁を保護し、ロッドを継ぎ足して所定の深度(N値15以下の地盤)まで掘削します。迅速かつ簡易で、自走式マシンの入れない狭い場所でも掘削が可能です。

土壌ガス採取
ハンマードリル、ボーリングバーで調査孔を作製し、保護管及び採取管を設置します。設置後、30分以上放置し吸引ポンプでテドラーパックに土壌ガスを採取します。採取した土壌・土壌ガスは計量法第107条の登録を受けている計量証明業者に委託します。

エコプローブ
低速回転と高周波バイブロの組み合わせによる掘削を行うことで打撃式に比べて格段に静かで、回転式より圧倒的に早いサンプリングが可能。また、アスファルトの被覆や深層部のコンクリート土間等にも対応可能な自走式のマシンです。概況調査、詳細調査どちらもにも対応でき、まとまった量でも迅速な土壌採取を行うことができます。